写真撮影をすると美しくなる?

How to Beauty photo

 

実をす「写真」は、
外見の様子はもちろんのこと
わたしたちの内面さえも写し出してくれるもの。

これまでのパーソナルスタイリングとフォトスタイリングの経験から、
誰かに撮ってもらう写真撮影を行うことのメリットを3つあげてみました。

 

    1. 綺麗に撮ってもらいたい望みが、自分磨きの意欲を掻き立ててくれる
    2. 自分の写真をみることで、自分自身を客観視できる
    3. 客観視した自分を受け入れ、さらに輝くための目標(次の撮影)を立てることができる

 

綺麗に撮ってもらいたい望みが、自分磨きの意欲を掻き立ててくれる

自撮りでさえも(少しでも綺麗に撮ろう!)と思うのは当然のこと、
自分以外の誰かに撮ってもらうときは、なおさら綺麗に撮ってもらいたいと思うでしょう。

わたし達はこれまで、たくさんの方々の写真撮影シーンに立ち会ってきましたが、
男性も女性も年齢関係なく、どんな方でもいつも以上に身なりを整えていらっしゃいます。

普段はあまりメイクをしない女性が、素敵なメイクをしてきたり、
普段はラフな服装の女性が、スーツやワンピース、着物などを着てきたり。

そう。
写真撮影の予定があると、撮影日に向けて洋服を考えたり、スキンケアをしたり、ダイエットをしたりする方が多いんです。

写真撮影が、自分磨きのモチベーションに繋がっているのって素晴らしいこと!

 

普段から“気合を入れすぎる”のは難しいけれど、
たまに「写真撮影の日」を設定することは、自分磨きをするキッカケになるのです。

成人式だから。七五三だから。〇〇だから。
きまった人生の節目の写真撮影だけでなく、

たまには「自分磨きのための写真撮影day」を設定してみると、いつもの日常生活にも張り合いが出てくるのだと思います。

 

自分の写真をみることで、自分自身を客観視できる

「自分の写真を見るのって苦手!」という女性のほうが多いのでは?

特に、自分以外の誰かに撮ってもらうと、想像をしていた自分とは違うと感じることも。

写真は、外見の変化が如実に表れます。
そして、外見だけでなく心(心情)も表れます。

自分自身を向き合うのって、ちょっとこわいけど、
自分自身と向き合う機会や時間って、とっても大切。

思い切って、自分と向き合える機会を作ってみましょう。

 

客観視した自分を受け入れ、さらに輝くための目標(次の撮影)を立てることができる

出来上がった写真を見て
「わー!嬉しいー!」と思うことも、
「実際みると、想像と違うなぁ(涙)」と思うこともあると思います。

自分自身からみて、いい!と思えた部分も、まだまだ!と思ってしまった部分もすべて今の自分

今をありのまま受け入れて、いい部分は大切にし、
まだまだと思った部分は「次の撮影までには、こうなりたい!こうなるぞ!」と、
自分磨きのための目標を設定し、その過程も楽しんでみるのもいいかもしれません。

これまでの日常生活。
食事もお買い物も、ダイエットも、、、さらに充実した日々が過ごせるようになりますように。

 

 

タイトルとURLをコピーしました